DTM・音楽ソフト・ギター専門-ONOについて

ちょっと昔では考えられなかった、いわゆる”業界レベルの話”であった、”いい音での楽曲(CD)制作”が、今や、一台のPC(パソコン)を使って個人レベルで出来るようになりました。

DTM(desk top music)で初心者でも楽曲制作いわゆる、DTM(Desk Top Music)の普及によるものですが、「話は聞いたことがあり興味はあるが、どこからどう取っ付いていいのか分からない。」といった方が結構いらっしゃるようです。

当サイトでは、そんな方々の為に、少しでもお役に立てるような記事を、掲載していきたいと思います。

また、DTMの良いところは、楽器が全く弾けない、楽譜が全く読めないなど、全くの初心者でも、感覚的に音を打ち込んでいくことで、楽曲制作が出来るところにもあります。

初めて、自分の楽曲をCDにされた時の喜びと言えば、それは、ひとしおでしょう。

では、「PC(パソコン)以外に何を揃えたらいいの。」という話になりますが、何といっても中心となるのはDAW(Digital Audio Workstation)ソフトで、これでほとんどの作業を行います。DAWソフトの中では、音を打ち込むMIDIシーケンサ、オーディオ録音をするマルチトラッカー、「ソフトの音源(シンセ)=VSTi」や「ソフトのエフェクター=VST」といったプラグインなど、立ち上げて使用します。

これらは、驚くことに全てフリー(無料)でも揃ってしまいます。
インターネットの提供サイトから、意図するソフトをダウンロードして、PC(パソコン)にインストールすればいいのです。

が、しかしですよ。やはり、”音”にはこだわりが出てくるのが人の常です。
現在は、有名メーカーから、低価格でコストパフォーマンスの高いソフトがいろいろと発売されています。

とにかく、どんなジャンルのPC(パソコン)ソフトも”使えてなんぼ”ですよね。

慣れるためにも、最初から人気のDAWソフト「SONAR」や「Cubase」の下位版でもいいですから、有料(シェアー)版で始められることを推奨いたします。

一度購入されれば、普通購入よりも安くでバージョンアップが出来る利点もありますし、何よりも、満足のいく機能と音で、満足のいく仕上がりになります。

「DTMとは」から楽曲制作の一連(概要)と必要アイテムを説明した「DTMについて」は、こちらです。

SONARの使い方&WaveLabでマスタリングの実践

人気のDAWソフト「SONAR」を使って、実際に楽曲制作をしていく過程を紹介。
そこで、順を追って「SONAR」の使い方を詳しく説明していこうと思います。

人気のDAWソフトSONARに立ち上げたVST・VSTiプラグイン
同時に、内包のVST、VSTiプラグインに加え、追加したプラグインの紹介やエフェクト効果も掲載していきます。

wavelabはsteinbergの編集(マスタリング)ソフト
また、編集(マスタリング)作業では、「WaveLab」を使って、そこでも、順を追って「WaveLab」の使い方を説明していこうと思います。

また、wavesなどのマスタリング用プラグインを使用してのエフェクト実践記録も掲載予定です。

DAWソフトでのオーディオ録音で、ギター、シンセなどの楽器を使用しますが、最近エレクトリックギター、エレクトリックベース共に、スタンダードモデルで、低価格の割りにコストパフォーマンスの高いギターが販売されています。

そんな中でも、おすすめのSPEAR(スピアー)エレクトリックギター、SPEAR(スピアー)エレクトリックベースを中心に紹介しています。