オーディオドライバとは / その種類と性能 (4)

前回の「オーディオインターフェイスの選び方」で、DAWソフトで楽曲制作する場合、オーディオドライバASIO(アジオ) か WDM/KS に対応したオーディオインターフェイスを選択しましょうと言いました。
では、オーディオドライバとは、何なのか?ここで説明したいと思います。

DTM / DAWソフト使用に不向きなオーディオドライバ

オーディオドライバには、マイクロソフト社・WindowsのOS(オペーレーティング システム)標準のドライバ、「MMEドライバ」というものがあります。通常、PC(パソコン)内のプレイヤーなどの音声を扱うメディアには、このオーディオドライバで十分事足ります。

また、「DS(DirectSound)ドライバ」というものもありますが、これは、ゲーム専用として開発されたDX(DirectX)という一連の技術の中のDirectSoundに対応しているドライバです。
他に、現在のWindowsには、「WDMドライバ」というものもありますが、「WDM/KS」とは別物と考えてください。

これら上記の「MME~」「DS~」ドライバは、DTMには、向いていません。

では、なぜDTMに向いていないのでしょうか?という話ですが、簡単に言うと「MME~」「DS~」ドライバでは、コンピュータが音を出そうとしてから、実際に音が出るまでの時間(=レイテンシー)が大きく、演奏した楽器などの発音に遅延が生じ、ディレイが掛かったように聞こえます。
この状態では、録音どころか、演奏もままなりません。

DTM / DAWソフト使用には、オーディオドライバASIO(アジオ)、WDM/KS を選択しましょう。

DAWソフト「SONAR」のオーディオドライバ設定画面この、レイテンシーが小さい(低い)オーディオドライバがASIO(アジオ)と言うわけです。つまり、ASIO(アジオ)ドライバーを使用すると、演奏した楽器の音を瞬時に発音してくれますので、音の遅延が気にならなくなります。
左画像は、DAWソフトの方でASIO(アジオ)を選択し、設定する画面です。(画像クリックで拡大)

また、ASIO(アジオ)は、ダイレクトモニタリング機能をサポートしていますので、演奏や歌⇒オーディオインターフェイス⇒モニター の様に、PC(パソコン)を通さずに直で音をモニターできるため、遅延がほぼゼロで録音時の演奏や歌をモニターすることが出来ます。

ASIO(アジオ)とは
ASIO(アジオ)、正確にはAudio Stream Input Output と言い、ドイツのSteinberg(スタインバーグ)社によりオーディオを入出力するために開発された高性能なオーディオドライバです。
レイテンシー(データ送信から音声が出力されるまでの遅延時間)が他と比べ極端に低く、複数の入出力音を同時に扱うことの出来るマルチチャンネル機能、入力信号をそのまま出力するダイレクトモニタリング機能をサポートしています。

WDM/KS(ダブリュディーエムケイエス)とは
Cakewalkが開発した、ASIOと同等な低レイテンシーを実現するオーディオドライバです。

一般に、DAWソフトのオーディオドライバ設定においては、ASIO(アジオ)を選択し、使用します。

このページは、「オーディオドライバとは / その種類と性能 (4)」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
   
この記事のカテゴリー : DTMについて. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す