クリップ単位で部分エフェクトをかける

クリップ単位で部分エフェクトをかける

SONARの使い方において、便利で簡単な、クリップ単位で直接エフェクトをセット出来るといった機能があります。

普通のDAWソフトでは、トラック単位でオーディオエフェクト(DX・VSTプラグインなど)をセットしますが、SONARでは、クリップに直接エフェクトをセットすることが出来ます。

同じひとつのトラック内(つまり、同じパート内)でも、意図する小節(長さ)で複数のクリップに分けてやれば、自分の好きなクリップに、好きなオーディオエフェクト(DX・VSTプラグインなど)をセット出来ると言うわけです。

では、その方法を説明します。

手順1)下の画像の様に、エフェクトをかけたいクリップ上で右クリックし、メニューを開きます。

開いたメニューの「エフェクトの挿入(Incert Effect)」 > 「オーディオエフェクト(Audio Effect)」 > 「開きたいプラグインエフェクト名」の順でプラグインエフェクトを開きます。

クリップ上で右クリック「エフェクトの挿入」からプラグインを選ぶ。



手順2)開いたプラグインエフェクトの効き具合を調節します。
*クリップの左上に「FX」のマークが付き、プラグインエフェクトをセットしていることがわかります。

開いたプラグインエフェクトの効き具合を調節します。

このページは、「クリップ単位で部分エフェクトをかける」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : SONARの使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す