DAWソフトとは / その機能 (2)

DTM(Desk Top Music)において、PC(パソコン)以外に最も必要なのが、DAWソフトであると前回述べてきましたが、DAWとは、Digital Audio Workstationの頭文字を取った言い方で、「ディーエーダブリュー」「ダウ」「ドウ」といった言い方をします。

ワークステーションと言われるだけあって、MIDIデータの作成(打ち込みと言います。)から、歌や生ギターなどのオーディオ録音、内部アイテムと内部ミキサーによる編集(マスタリング)、各パートを合わせ、楽曲を一つのファイルとして書き出すミックスダウンまで、すべて一つのDAWソフトで完了できます。

出来上がりの楽曲の音質は、デジタル録音されたものですので、(音圧は別として)市販のCDと同じレベルです。

このDAWソフトにもフリー(無料版)のものがあります。

フリー(無料)のDAW、VST、VSTiのソフトとダウンロード先を多数紹介したサイト:「音ソフトランキング-OSR」

しかし、本格的な楽曲制作を考えておられるなら、最初にプロ使用のものを購入される方が良いでしょう。
結構、みなさんそうされているようです。

では、DAWソフトの大まかな機能と代表的な人気のソフトを紹介しますね。
どのDAWソフトも大まかな機能には余り変わりませんが、それぞれのソフトには、見た目(ガイ)、わずか?な音質の違い、内包のVST・VSTiプラグイン、使い方など、違いがあり、またそれがそれぞれの特長にもなっています。

MIDIシーケンサ / DAWソフトの機能1

DAWソフトSonarのピアノロール・ウィンドウまず、DAWソフトの大きな機能には、VSTiなどの音源を持つインストゥルメントを自動演奏させるためのMIDIデータを作成する、MIDIミュージック シーケンサがあります。
MIDIクリップという音の帯

ここに、いわゆる譜面を書いていくわけですが、入力の形式には、「譜面入力」、「ピアノロール入力」、「数値入力」の3つがあり、譜面が全く解らなくても「ピアノロール入力」なら、音を聞きながら感覚的に作成していくことが出来ますので、何の心配もありません。
Sonarの譜面入力画面例えば、初心者の方でも、「ピアノロール入力」でMIDIデータを書き込まれた後に、表示をボタン一つで「譜面入力」に切り替えられたとき、「へ~、こんな譜面を書いていたんだ。」と少し驚かれるかもしれませんよ。

vsti(ソフト・シンセ)プラグインを鳴らす上記の様に、作成したMIDIデータで、VSTi(ソフト・シンセ)や、外部音源を自動演奏させることが出来ます。
画像は、ギターのVSTi(ソフト・シンセ)を指定して鳴らしているところです。

オーディオレコーディング(録音) / DAWソフトの機能2

次に、大きな機能として、オーディオ録音機能があります。これを使って、実際に演奏した楽器や、歌(ボーカル)など直接録音していきます。いわゆる、レコーダーと同じですね。

何度繰り返してもいいですし、指定した部分だけの修正録音も簡単に出来ます。

DAWソフトとオーディオインターフェイスギターなど、ピンジャック(変換プラグ)を用いて、シールドを直接PC(パソコン)につないで、DAWソフトで録音できますが、どうしても音の遅延を生じます。
これは、音を出すドライバーがもともとのPC(パソコン)のものでは、性能が低いということです。(Vista SP1以降のWASAPI=Windows Audio Sessionは、性能が良いということです。)
音の遅延がないこと、楽器の接続やモニタリング、作業のやりやすさ、他諸々を考えた場合、オーディオ録音には、USBやPCIスロットに外付けする「オーディオインターフェイス(ASIOドライバー対応)」が必要となってきます。
ASIOドライバーを使用すれば、音質が向上し、ほとんど音の遅延が起こりません。この音の遅延が小さい事をレイテンシーが低いといいます。

Sonarのオーディオレコーディング
ギターやマイクをつないで、画像の様にDAWソフトを録音状態にして録音していきます。「Audio 1」のトラックが録音状態です。(画像をクリックして拡大してみてください)ほとんど、一般のステレオプレイヤーのレコーダーと似ていますね。
ただ、一番違うところは、このトラック、DAWソフトの上位版だと無制限に増やすことが出来るというところです。ちょっと昔のハードの時代は、4トラック、8トラック、プロの世界で16トラック、24トラック、32トラックだったのですから、驚きますよね~。

編集(マスタリング) / DAWソフトの機能3

次に、大きな機能として、編集(マスタリング)機能があります。出来た音の帯=クリップ(Logicでは、リージョンといいます)のいらない部分を切り取ったり、一番の伴奏部分のクリップをコピーして2番の伴奏にもしたりと、自由に切り貼りできます。
この作業は、音を扱っているというより、図工ではさみを使った「切り貼り」をしているようです。
SONARでの編集1(カット、コピー、削除)画像(クリックで拡大表示します)の様に、編集したい部分を拡大表示して、ごく短い時間帯の正確な位置を確認し、ハンテン(指定)させ、「切り取り」「コピー」「削除」の作業の中で意図するものを実行します。

このようにして、全トラックのクリップが満足のいくものになったら、つまり楽曲のほとんどが仕上がったら、次はミキシングを行います。
SONARのミキサー コンソールミキサーコンソール画面を開いて、各トラックの音量調節やリバーブやコンプコンプレッサーなどのエフェクティング、音の定位調節(パンなど)を行い、全体のバランスが整ったら、ミックスダウン(バウンスとも言います)して一つのファイル(楽曲)の完成となります。この最後に行う一連作業をマスタリングといいます。(別に編集(マスタリング)ソフトを用いての作業を指す場合もあります。)

以上がDAWソフトの機能の大まかな説明です。

それでは、最後になりましたが人気のDAWソフトを紹介しますね。
今一番人気は、CAKEWALK社のSONAR(ソナー)、Steinberg社のCUBASE(キューベース)あたりでしょう。
Logicがemagic社の頃は、Windows対応で、高価でもすごく人気がありましたが、Apple社が買収してMac対応になりましたので人気度は低下しています。

SONAR(ソナー)もCUBASE(キューベース)も、価格的にお手頃な下位版から、ちょっと?お高い上位版までありますので、自分の考え、スキルに合わせてグレードを選択・購入をされたらいいと思います。

このページは、「DAWソフトとは / その機能 (2)」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : DTMについて. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す