ドラム音源のマルチアウト(パラアウト)の仕方 with Session Drummer3 – SONARの使い方

SONARの使い方において、ドラム音源(ここではSession Drummer3)をマルチアウト(=パラアウト)させる方法(仕方)を説明します。

手順1)まず、SONARのツールメニューの「挿入」>「プラグインシンセ」>「Session Drummer3」の順に、普通にSession Drummer3を立ち上げます。

ダイアログは、下の画像の様に、ソース用MIDI トラックとマスターアウト用オーディオトラックもチェックを入れた状態でOK ボタンを押します。ここでは、マルチアウトのところにはチェックを入れなくて大丈夫です。

Session Drummer3をsonarのトラックに挿入する。

オーディオトラック-1に、Session Drummer3が挿入され、それ用のMIDIトラック-2が下に出来ますので、あらかじめ用意(または、ここで作製)した、ドラム演奏のためのMIDIファイルをMIDIトラック-2に持ってきます。
すると、下の画像の様な状態になります。ここまでは、通常の「VSTiプラグインをMIDIで鳴らす」と変わりません。(プレイしてみて、ドラムパートが演奏される状態になっているか確認して下さい。また、トラック名を「全体」「Session Drummer」と書きかえておきました。)

Session Drummer3をMIDIで鳴らす – SONARの使い方











手順2) オーディオトラックを追加挿入して、マルチアウト(パラアウト)の形を作ります。
赤枠は、手順1)で出来たトラックです。それ以下のトラック(黄色枠)をSONARのツールメニューの「挿入」>「オーディオトラック」で追加し、それぞれのトラックの名前を自分の分けたいパート名に変更します。

マルチアウト(パラアウト)の形をつくる


















手順3)各オーディオトラックのアウトプットとSession Drummer3の出力先を以下の様に合わせていきます。
*下の画像では、オーディオトラック-1の「Session Drummer 1 Out/Session Drummer 2 Out Stereo」からSession Drummer3で出力先を’1’に設定した赤枠のパート音が鳴ります。

オーディオトラックのアウトプットとSession Drummerの出力先













同じ要領で、残りのオーディオトラックのアウトプットとSession Drummer3の出力先を合わせていきます。(参照:下の画像)

  • オーディオトラック-3(トラック名:バスドラ)に移り、アウトプット「Session Drummer 3 Out/Session Drummer 4 Out Stereo」を選択し、Session Drummer3のバスドラの出力先を’2’に設定します。
  • オーディオトラック-4(トラック名:スネア)に移り、アウトプット「Session Drummer 5 Out/Session Drummer 6 Out Stereo」を選択し、Session Drummer3のスネアの出力先を’3’に設定します。
  • オーディオトラック-5(トラック名:ハイハット)に移り、アウトプット「Session Drummer 7 Out/Session Drummer 8 Out Stereo」を選択し、Session Drummer3のハイハットの出力先を’4’に設定します。
  • オーディオトラック-6(トラック名:タム)に移り、アウトプット「Session Drummer 9 Out/Session Drummer 10 Out Stereo」を選択し、Session Drummer3のタムの出力先を’5’に設定します。

ドラム音源 マルチアウト(パラアウト)の完成形は下の画像の様になります。
理解できましたら、必要に応じて、自分で好きなようにドラムパートの出力分けをして下さい。

ドラム音源のマルチアウト(パラアウト)の完成

以上です。

人気のドラム音源ソフト紹介 ⇒

このページは、「ドラム音源のマルチアウト(パラアウト)の仕方 with Session Drummer3 – SONARの使い方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : SONARの使い方. ブックマークの リンクアドレス.

Comments are closed.