2) 初心者のエレキギターの種類と選び方

初心者のエレキギターの種類と選び方

初心者~中級者のエレキギターの価格と選び方」でも記述しましたように、初心者が最初に選ぶギターの種類としましては、その欲求に対して、素直に好きな型(モデル)のエレキギター購入といった選び方が一番でしょう。

しかし、もっと先の1年後・2年後を考え場合、飽きの来ないモデルの選び方というのもひとつの選択肢として持っておいた方が良いかもしれません。
これは、初心者に限らず、中級者・上級者にも言えることです。

つまり、昔からの人気のスタンダード・モデルを選ぶと言うことです。

昔からの人気のスタンダード・モデルには、「ストラトキャスター」「レスポール」「テレキャスター」「SG」モデルがあります。

これらには、飽きの来ないデザイン的特徴はもちろんですが、音にもそのエレキギター特有の響きがあり、そこが長年ずっと人気を博している理由かもしれません。

では、初心者の方が、エレキギターを最初に選ばれる時の参考の為に、ここでは、スタンダード・モデルのそれぞれの特徴を記述していきたいと思います。

■ 種類 : ストラトキャスター

ストラトキャスターは、1954年に初めてフェンダー社から発表されたエレキギターで、音を拾うピックアップには、シングルコイルが用いられています。シングルコイルは、もっとも単純な構造のピックアップではありますが、その音質は「歯切れがよく」「明るく透明感のある」のが特徴です。

また、激しいビブラートを物理的にかけることの出来る、トレモロアームを搭載しているのももうひとつの特徴です。
チューニングがくるうのでアームはほどほどに。

シングルコイルはフィードバックやノイズが発生しやすいですが、くっきりとした歯切れの良い音ですので、アルペジオやカッティングを多用するギタリストには好まれています。

とはいっても、オールラウンドなエレキギターですので、R&B、ポップス、ハードロック、フュージョン、ジャズ・・・と幅広いジャンルのギターリストに愛用されています。

・ストラトキャスターがトレードマークの有名ギタリスト
ギーターの音を初めてシグナル音として使用した、左利きがかっこいいパープル・ヘイズ野郎!ジミーヘンドリックス。
クラシカルなフレーズと速弾きの達人、不愉快な顔でパープルのみならずレインボーまで作ってしまった、愛すべきアイサレンダー男!リッチーブラックモア。
渋いおっさん、ジョージのお友達。ライブにて、レイラはフェイクで歌わないでね!のエリッククラプトン。
その他、イングウェイマルムスティーン、ジェフベックなど。

ストラトキャスターのエレキギター紹介⇒

このページは、「2) 初心者のエレキギターの種類と選び方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : エレキギターの種類と価格と選び方. ブックマークの リンクアドレス.

Comments are closed.