ボリュームとパンのエンベロープを書く

SONARの使い方において、ミックス作業の前に、ボリューム(音量)やパン(定位)のエンベロープ(曲線)を書いて、オートメーション化(自動化)する方法を説明します。

音を聞きながらミキサーのフェーダーを上下させて、ボリューム(音量)調節をしている場面とか、TVとかでみた事があると思います。
その調節をSONARでは、あらかじめ Envelope(エンベロープ)をボリューム(音量)やパン(定位)に対してマウスで書いてやれば、オートメーション化(自動化)する事が出来ます。

手順1)Envelope(エンベロープ)を書きやすいように、トラック上の波形をSonar右下の「虫メガネ+」で拡大します(=画像の青枠)。

手順2)Envelope(エンベロープ)を書きたいトラック上で、右クリックするとメニューが開きます。
画像の赤下線の様に、「Envelopes(エンベロープ)」 > 「Create Track Envelope(Envelope(エンベロープ)」 > 「Volume(ボリューム)」を左クリックすると、トラックの波形の中央に、青い横線(=エンベロープ)が表示されます。その青い横線(=エンベロープ)に書いていくわけです。

ボリューム(音量)やパン(定位)のエンベロープ(曲線)を書いて、オートメーション化する方法-1

手順3)出てきたエンベロープ線上で、ダブルクリックすれば、丸い点(ノード)を打つことが出来ます。そのnode(ノード)で折り曲がりますので、細かい調節をするときには、沢山のnode(ノード)を打ってボリュームの曲線を描きます。あくまでも最高音量は0dbを越さないように描きます。

また、エンベロープ線上で右クリックするとメニューが開きますので、「Fast Curve(ファーストカーブ)」や「Slow Curve(スローカーブ)」を左クリックで選択すれば、フェードイン・フェードアウト時などのボリュームの曲線を簡単に描くことも出来ます。
描いたEnvelopes(エンベロープ)自体を消去したい時は、「Delete Envelope(エンベロープの消去)」を選択しすれば消すことができます。

ボリューム(音量)やパン(定位)のエンベロープ(曲線)を書いて、オートメーション化(自動化)する方法を説明-2

* 上の「手順2)」で、「Volume(ボリューム)」ではなく、「Pan(パン)」を選んでやれば、同じ要領でパンを書くことができます。

エンベロープ(曲線)を書いた後は、ボリュームフェーダーが、自動的に上下しますので驚かないで下さいね。

このページは、「ボリュームとパンのエンベロープを書く」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : SONARの使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す