iZotope Ozone – マキシマイザーVSTプラグインとしての検証と使い方

iZotope Ozone – マキシマイザーとしての検証と使い方(使用方法)

iZotope(アイゾトープ)の『Ozone』は、ミキシング、マスタリングツールとして、多くの人に愛用されている人気のVSTプラグイン・エフェクトのひとつです。

「パラグラフィックイコライザー」「マスタリングリバーブ」「ラウドネスマキシマイザー」「マルチバンドハーモニックエキサイター」「マルチバンドダイナミクス」「マルチバンドステレオイメージング」の6つの機能と画面を搭載していて、その性能に加え、ある程度の低価格といった所も人気のひとつとなのかもしれません。

各機能をそれぞれ個別に使用することも出来ますし、また、複数の機能の組み合わせやトータル設定で使用する事も出来ます。

今回、この『Ozone』をマスタリングソフト上で、音圧・音量を稼ぐためのマキシマイザーとして使用し、どんなエフェクティング効果をもたらすのか、自分なりに検証してみました。

細かいセッティングではなく、マキシマイザーとして一番効果の出やすい、近道な方法をとってみました。

* どれくらいの音圧を稼げたのかは、平均音量で見てみたいと思います。

マキシマイザー iZotope(アイゾトープ)のOzone使用前の市販のCDの曲の平均音量を検査(1)まず、何のエフェクトもかけていない、市販のCDの曲の平均音量を検査してみました。

平均音量は、ステレオチャンネル 左:12.48db 右:12.08db(画像の赤線)でした。

この値で、他にひけをとらない程、十分に音圧ありますし、「音割れせずに、これ以上の音圧を稼ぐのは、無理かな?」と思うくらいのマスタリングの仕上がりです。

このファイルに、iZotope(アイゾトープ)の『Ozone』vstプラグインをかけてみたいと思います。

(2)「何といってもスピードが大事」ということで、手っ取り早く、Ozoneのプリセット設定を ”ON”(=画像①)にして、出てきた選択画面から、最高にマキシマイズ・エフェクト効果のある「Master With Exciter and Widener」(=画像②)を選択し、かけてみました。

プリセット設定「Cd Master」は、音圧・音量は、同じように稼げますが、あくまでも一個人としての意見で言うと、音質的に輪郭が少しぼやけて、低音部のリズムの切れが悪くなるように感じました(気になる程ではありませんが)ので、「Master With Exciter and Widener」を選択しました。

この設定は、エキサイター(エンハンサー)効果で、音の輪郭がはっきりし、自然な増幅が出来ます。
チューブ系やWAVES系のマキシマイザーと比較した場合には、低音の圧縮(増幅)が少なく、ドライブ感が出てこない感があります。(逆に言えば、そこが自然な増幅につながっているのかもしれませんが。『Ozone 5 Advanced』では、完全にマイナス要因はいっそうされ、すばらしい出来になっています。)

iZotope(アイゾトープ)の『Ozone』 vst プラグインをマスタリングソフト上でマキシマイザーとして使用・検証-1

(3)「Master With Exciter and Widener」設定のまま、ダイナミックレンジをギリギリ保てる数値「Threshold」= -3.5db 、「Margin」= -0.1db に変更しました。(下の画像の様に設定)

iZotope(アイゾトープ)の『Ozone』 vst プラグインの最大効果をマスタリングソフト上で設定・検証-2

iZotope(アイゾトープ)の『Ozone』で平均音量が上がり、、マキシマイザーvstプラグインとして使用できる検証結果。(4)ダイナミックレンジを残した上で、平均音量が 約2.6~2.8db 上がっています。
それだけ音圧が稼げたことになります。もちろん、音割れはしていません。
平均音量が -10db 以上より、十分でしょう。
本ちゃんでは、もっと平均音量を落とし、ダイナミックレンジを多くとることをお勧めします。

『Ozone』でマキシマイズした時の音の波形。ちなみに、これが波形になります。

『Ozone』は、十分にマキシマイザーとして使えるプラグインだと分かりました。

ダイナミックレンジを考えなければ、あと 約1.5~2.0db くらい音割れせずに上げることが出来ます。
計 約4~5db 上げることが可能というわけですね。 

あくまでも一個人として感じた意見を述べるとしましたら、出来上がりの音に特徴がない分、マキシマイズも自然な感じです。
エキサイター(エンハンサー)の使用は、今回の検証においては、「必須だな」と思いました。
(『Ozone 5 Advanced』では、完全にマイナス要因はいっそうされ、すばらしい出来になっています。)

尚、現在の最新版の『iZotope Ozone 5 Advanced』を使用してみたところ、直感的に、非常に設定も簡単で、その辺りの機能も向上し、マキシマイザーとして最高の一品の中のひとつになってきた感じです。
iZotope Ozone 5 Advanced のマキシマイザーは、直感的に使用でき、非常に良い余計な色が付かず、素直に思った音にしてくれるので、非常におすすめです。

iZotope社のvstプラグインの紹介

このページは、「iZotope Ozone – マキシマイザーVSTプラグインとしての検証と使い方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : VSTプラグイン・検証・使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す