マスタリングとは (6)

DAWソフトで、全パートの制作を終えたら、ミキサー画面を開いて、各トラックの音量調節やリバーブ(音の響き)、コンプコンプレッサー(音圧)などのエフェクティング、音の定位調節(パンなど)を行い、全体のバランスが整ったら、0dbをピークにミックスダウン(バウンスとも言います)して一つのステレオファイル(マスター音源)の完成となります。

*注意:ミックスダウンは、マスターレベルが0dbを超すと音割れを起こしたり、ノイズが発生したりしますので、ピークを0dbに近づけながらも0dbを超さないようにするのがコツです。

しかし、出来たファイルを聞いてみると、市販のCDに比べ、音量が小さいことに気づかれるはずです(特にJ-POPは音が大きい)。

そこで、次に行う作業がマスタリングとなります。

マスタリングは、波形編集(マスタリング)ソフトを用いて行います。

マスタリングは、ミキシングして作られたステレオのマスター音源を、基本的には、コンプレッサーで音圧を高め、イコライザーで音質を調整し、全体の音量を大きくします。マスタリングでも全体のピークは0dbを超さないよう、音を加工します。

最近は、「マルチコンプレッサー」といって、周波の帯域ごとにコンプレッション(圧縮)が出来るVSTプラグインや、音のピークを、簡単な設定で自動的に0db以下にかなりの量圧縮してくれる、リミッターの部類の「マキシマイザー」という便利なVSTプラグインがあります。

この2つの系統のプラグインは、現在は欠かせないものになりつつあります。


人気の波形編集(マスタリング)ソフトの紹介

人気のマスタリングソフト(wavelab と Sound Engine Free)

有料(シェアー)版では、Steinberg社の「WaveLab」や、SONYの「Sound Forge Pro」が人気のようです。
波形編集(マスタリング)ソフトには、編集用のVSTプラグインも内包されています。

無料(フリー)版では、何と言いましても「SoundEngineFree」が人気です。
無料(フリー)版とはいえ、多機能、高性能な波形編集(マスタリング)ソフトです。音楽人なら、最低一回は使用されたことがあるのでは・・・。

このページは、「マスタリングとは (6)」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : DTMについて. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す