MIDIデータをオーディオ(Audio)に書き出す方法 – SONARの使い方

SONARの使い方において、MIDIデータで鳴らしたVSTiプラグイン(ソフトシンセ)の音を、オーディオ(Audio)に書き出す方法を説明します。

手順1)VSTiプラグイン(ソフトシンセ)をMIDIデータで鳴らすセッティングをします。

VSTiプラグイン(ソフトシンセ)をMIDIデータで鳴らす方法は、VSTiをMIDIで鳴らすで説明しています。

手順2)MIDI-1のデータで、Audio-1のVSTiプラグイン(ソフトシンセ)を鳴らすセッティングは、整ったとします。

画像の様に、「MIDI-1」の”トラック番号3(画像の赤枠)”を左クリックで選択し、緑に点灯させます。

鳴る方のVSTiプラグイン(ソフトシンセ)がセッティングしてあるのは、「Audio-1」なので、”トラック番号1(画像の赤枠)”をCtrlキーを押しながら左クリックで選択し、緑に点灯させます。

これで、2つのトラックが選択されています。

MIDIデータで鳴らしたVSTiプラグイン(ソフトシンセ)の音を、オーディオ(Audio)に書き出す方法-2



手順3)次に、ツールメニューの「Edit(編集)」=画像の① を左クリックすると、メニューが開きます。

開いたメニューの「Bounce to Track(トラックにバウンス)」=画像② を左クリックすると、設定画面が出てきます。

MIDIデータで鳴らしたVSTiプラグイン(ソフトシンセ)の音を、オーディオ(Audio)に書き出す



手順4)出てきた設定画面で、出力先のトラック(画像③)、ステレオかモノラルか(画像④)を設定し、OK(画像⑤)を左クリックすると、指定した出力先のトラックに、オーディオ(Audio)クリップが出来上がります。
これで、MIDIデータのオーディオ(Audio)化できました。

MIDIデータで鳴らしたVSTiプラグイン(ソフトシンセ)の音を、オーディオ(Audio)に書き出す方法-3

*注意): 上手くオーディオ(Audio)クリップが出来ないとき、何番かのトラックの「Solo」ボタンがONになっていませんか?

このページは、「MIDIデータをオーディオ(Audio)に書き出す方法 – SONARの使い方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : SONARの使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す