MIDIデータの打ち込み – SONARの使い方

SONARの使い方において、VSTiプラグイン(ソフトシンセ)を、打ち込みなどで作成したMIDIデータで鳴らしますが、ここでは、その肝心の「MIDIデータの打ち込み」の方法を説明していきます。

Piano Roll(ピアノロール)を選択し画面を出す。

手順1)例として画像では、MIDI-1トラックを使用しています。
まず、トラック上(画像①の赤枠)で右クリックすると、メニューが現れます。

次に、そのメニューのView(ビュー)のところ(画像下線②)から、その横のPiano Roll(ピアノロール)=画像下線③ のところにカーソルを持って行き左クリックすると、Piano Roll(ピアノロール)画面が現れます。

*注意:使用するMIDIトラックには、先にVSTiプラグイン(ソフトシンセ)をセッティングしましょう。
ソフトシンセのセッティングの仕方

MIDIデーターの打ち込み(ピアノロールを選択)

音符(=箱)の打ち込み方

手順2)Piano Roll(ピアノロール)が表示されたら、色々なツール(画像④の赤枠)を使用してここに箱(=音符)を書いていくわけですが、通常は、画像④の赤枠内・左端の「矢印ツール」で、ピアノの音を押して聞いたり、書き込んだ箱(=音符)をドラッグして移動したりします。ですから、たいていこの「矢印ツール」を基点に、他のツールに持ち替えます。

画像④の赤枠内・右から3番目の「グリッドボタン」横の矢印でメニューを開き、任意の間隔に小節内を分割(薄い縦線)して、打ち込みをしやすくしましょう。

音符の長さを選択し、画像左のピアノを左クリックで押して音を確認しながら、ペンシルツール(=打ち込み)と消しゴムツール(=消去)を用いて箱(=音符)を書いていきます。

*書いた箱(=音符)群をコピーしたい時には、「矢印ツール」でその範囲をドラッグして反転させ、反転した任意の箱(=音符)の上で Ctrlキーを押しながら左クリックでつかんだまま、箱(=音符)群をコピーしたい場所に移動 すればコピーの完成です。
ちなみに、Ctrlキーを押さないでこの作業をすれば、ただの 箱(=音符)群 の移動になります。

Piano Roll(ピアノロール)の使い方

View(ビュー)をStaff(譜面)に切り替えての打ち込み。

最上部の画像の赤下線③の下の方に、「Staff(譜面)」とありますが、「手順1」の方法で「Piano Roll(ピアノロール)」ではなく、「Staff(譜面)」を選択すると、打ち込んだ音符が譜面として表示されます。(=下の画像)

譜面表示画面でも「Piano Roll(ピアノロール)」表示画面同様に音符の打ち込みが出来ます。

Staff(譜面)のビューでも打ち込み出来る。

このページは、「MIDIデータの打ち込み – SONARの使い方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : SONARの使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す