エディターウィンドウの開き方 – メロダイン(Melodyne)の使い方

エディターウィンドウの開き方

メロダイン(Melodyne)において、ピッチ補正を中心に作業をすると考えた場合、ピッチ補正を行う「エディターウィンドウ」を開きたい。

ファイルを読み込んで最初に開くのは、トラック表示の「アレンジウィンドウ」なので、「エディターウィンドウ」の開き方 を説明します。

メロダイン(Melodyne)のエディターウィンドウの開き方手順1)トラックタイトルフィールド(=画像①)か、(画像②)の波形(blob ブロブという)上でマウスをダブルクリックすれば、「エディターウィンドウ」が開きます。


開いた「エディターウィンドウ」で、ピッチ補正やコーラスの作成などの作業を行います。(↓ 画像)

ピッチ補正を行う「エディターウィンドウ」

このページは、「エディターウィンドウの開き方 – メロダイン(Melodyne)の使い方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : メロダイン(Melodyne)の使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す