VSTiプラグインをMIDIで鳴らす – SONARの使い方

SONARの使い方において、VSTiプラグイン(ソフトシンセ)を、打ち込みなどで作成したMIDIデータで鳴らす時の手順を説明します。

手順1)任意のオーディオトラック上(画像①の青い囲みの部分)で左クリックをしてオーディオトラックを選択します(画像ではAudio-1を選択しています)。

手順2)左のミキサー(画像②の赤い囲みの部分)で右クリックすると、メニューが出てきますので、そこで、使いたいVSTiプラグイン(ソフトシンセ)を選択し、左クリックすると立ち上がります。
確認したらVSTiプラグイン(ソフトシンセ)の画面右上のバツを左クリックして、収納します。邪魔ですので。
また、立ち上げたVSTiプラグイン(ソフトシンセ)をキャンセルする時には、画像②の赤い囲みの中の「プラグイン名上で右クリック」し、出てきたメニューの「Delete(削除)」を左クリックします。

VST・VSTiのトラックへの立ち上げ方




手順3)画像のMIDI-1トラックのデータで、上で選択したAudio-1のVSTiプラグイン(ソフトシンセ)を鳴らします。
画像③の青い囲みの部分で左クリックし、MIDI-1トラックを選択します。

手順4)左のミキサーのボリュームフェーダー下の 画像④の赤い囲みの▼ を左クリックし、出てきたメニューの「1~」= 画像⑤を左クリックで選択します(Audio-1で使っているVSTiプラグイン(ソフトシンセ)が「1~」なので「1~」を選択します)。

MIDIデータでVSTi(ソフトシンセ)を鳴らす。

「手順1)と手順2)」は、VSTプラグイン(エフェクト)をトラックに差し込むときにも使います。

以上ですが、オーディオインターフェイスを使用しているときは、もう一つ「オーディオドライバーの選択」をしてやる必要があります。以下にその方法を説明します。

オーディオドライバーの選択

オーディオインターフェイスを使用の場合、オーディオドライバーの「ASIO」か「WDM/KS」などを使用していると思いますので、「インプットのオーディオドライバー」「アウトプットのオーディオドライバー」をオーディオトラックで選択してやる必要があります。

画像の赤下線の様に、「Inputインプットのオーディオドライバー」を選択します。横の ▼マーク(画像の白丸)を左クリックでメニューが開きますので「stereo ~ 1-2」を選択します。(環境によって、~の表示名は異なります。)

画像の青下線の様に、「アウトプットのオーディオドライバー」を選択します。横の ▼マーク(画像の白丸)を左クリックでメニューが開きますので「 ~ 1-2」を選択します。

インプットとアウトプットのドライバーの設定

このページは、「VSTiプラグインをMIDIで鳴らす – SONARの使い方」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : SONARの使い方. ブックマークの リンクアドレス.

コメントを残す