Sonar上でWavesのプラグインがちらつき、固まる不具合-トラブル対処方法

Sonar上でWavesのプラグインがちらつき、固まる不具合のトラブル対処方法

Sonar上でWavesのプラグインがちらついて、固まってしまって使用できない不具合が起きてしまったとき(これは私も実際経験しているので)の対処方法をここに記しておきたいと思います。

WavesのL3-LL、L3-16、V-series、SSL 4000 Collection、API、GTR 等で発生してしまいました。

Sonar上のツールバーの設定項目の中のX-Ray(透過機能)を無効にすることです。

手順)1. Sonar上で、オプションメニュー(Option)>グローバル(Global)とクリックするとグローバルオプション(Global Option)が開きます。

手順)2. 開いたウィンドウの「一般(Genelal)」>「透過を有効にする(X-Ray)」のチェックを外し、「OKボタン」を押しウィンドウを閉じます。

*私の環境では、設定完了後もグレーの画面のみが表示されますが、一度プラグイン右上の’バツ(X)’でウィンドウを閉じ、プラグインスロットのプラグイン名をダブルクリックして画面を再表示すると正常に表示され作動します。

二度手間ですが、ちらついて、固まってしまう不具合はなくなり、Wavesのプラグインをトラブルなく使用できるのでこれでOKとしています。

このページは、「Sonar上でWavesのプラグインがちらつき、固まる不具合-トラブル対処方法」です。
おこし頂きありがとうございます。よろしければ他のラインナップもご覧下さい。▼

DTMについて

エレクトリックギター

エレクトリックベース

ギター講座

SONARの使い方
この記事のカテゴリー : VSTプラグイン・検証・使い方. ブックマークの リンクアドレス.

Comments are closed.